そして母は蝉になる

柱にしがみつき 救いを求めるような眼をする。
構わずに施設をあとにする。
情にほだされては また同じことの繰り返し
もう生きてる次元が違うのだよ。

構ってられるか!

人のことに あれこれ意見する余裕なんかない。
そんな資格もない。
いっぱい いっぱいです。
自分の人生まで背負わせないでください。
あなたに費やした時間
あなたが私に費やした実質時間を
とうに越えています。
あなたの愚痴や不満を聞きたくはない。
逆は無かったでしょうに………
もう 十分尽くしましたよ、私。
あなたは私に縋りつく
しがみ付く
自分から手を離すべきではない?
周りのことを思いやる心すら 無くしたのですね。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク