止まった

携帯がついに止まったようだ。
安否を知るすべもなくなった。
いつか来る日
安否を知ったところで
手をさしだせるはずもないけれど。
まさか
このような展開になろうとは!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク